看護師給料アップ大作戦

その他豆知識 アメリカではどうなの?

アメリカの看護師と、日本の看護師とのお給料の額では、違いがあるのでしょうか。これは全くといって異なります。これはアメリカにおける看護師の地位は高く、年収も日本の看護師より高収入です。

日本の看護師とアメリカの看護師とでは、大きく異なるのが、社会的な地位ではないでしょうか。アメリカの看護師は医者に対しても、堂々と意見をして、対等に仕事をしているといった感じです。ですが日本ではまだまだ医者と看護師が対等の関係とはいえません。昔に比べると日本の看護師の地位も上がってはきているのでしょうが、アメリカの看護師と比べると、まだまだといったところでしょう。

それからアメリカの看護師は、看護業務が全て分業化がなされているため、日本の看護師のように、日勤をしたり夜勤をしたりといったようなシフトがありません。アメリカの看護師の場合は、稼ぎたいなら、夜勤専門の看護師として働く・・・といったように、夜勤専門の看護師、日勤専門の看護師がいます。そして業務内容は、患者ケアに専念するといった感じですから、日本の看護師のように日勤帯も夜勤帯もバタバタ仕事をするといった感じではありません。雑用仕事がアメリカの看護師には無いのです。日本の看護師よりも余裕を持って患者様に接することができるように、すべて分業化がきちんとなされています。時間に余裕があるからといって、アメリカの看護師が胡坐をかいているといったようなことはないようです。

アメリカの看護師が社会的地位が高いのは、とても勉強熱心であることが要因となっているのです。プライドも高く、専門職としての意識が高いため、常に勉強勉強といった感じで、向上意欲も強いといわれています。また分業化がなされているため、働きやすいことも日本の看護師とは違うのかもしれません。日本では、その仕事の過酷さから、若いうちに看護師としての意欲が燃え尽きてしまうことが多いようですが、アメリカでは、ベテランの看護師が非常に多いのです。

ただこれは、日本とアメリカの医療制度の違いも大きく関わっています。アメリカの看護師が高収入なのは、自由診療で治療を受けるには、患者様の負担が非常に大きいことが挙げられます。日本のように医療水準は驚くほど高くは無くても、誰しもが平等で医療を受けられる、そういった環境では、ないのです。でも日本でもアメリカの看護師とまではいかなくても、好条件・厚待遇の職場で働くことは可能です。転職支援サービスを利用すると、そういった求人を見つけることができます。

>> 年収アップの強い味方!「看護師転職エージェント」人気ランキングはコチラ


▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護師給料アップ大作戦 All Rights Reserved.