看護師給料アップ大作戦

その他豆知識 初任給の平均は?

看護師としても初任給は、25万前後というのが平均的なお給料です。同世代の方がもらう、お給料としては、良い額となるでしょう。ですが、看護師の場合は、土日が休みでないことが多いですし、夜勤をしなければ、そのお給料がグンと下がってしまうなどのことがあります。もちろんこれは、働く病院などの医療機関や施設によっても異なりますが、看護師として働く人のほとんどが、現在のお給料には満足していないと答えるケースが多いのです。

看護師の一般的なイメージは、「白衣の天使」というのがついてまわってきますが、実際に看護師の仕事というのは、とてもハードな仕事です。肉体労働であるともいえます。また看護師仕事の責任の重さや、夜勤回数などを考えると、決して高いお給料とはいえないのです。

また近年では、民間の病院などで働くよりも、国立病院などで働く方がそのお給料が良いといわれています。一般に国立病院で働く看護師のお給料とは、国家公務員俸給表に従い、お給料を計算します。08年度、3年制短大卒業者の看護師の初任給は、月収で約21万4000円というデーターがあります。地方公務員となる県立病院や市立病院の場合にも、それに準ずる給与体制とるのです。また、首都圏などの看護師の初任給は、平均25万前後となっており、これにはいろんな手当がついていることのが通常です。

この手当の中で、大きくその割合を占めるのが、夜勤手当です。病院などの医療機関や施設では、夜勤回数を平等にと、回数を制限しているところもありますので、夜勤回数が少ないと必然的にお給料が安くなるということがいえます。また夜勤手当と同じように大きく割合を占めているのが、残業手当です。大きな病院などでは、基本給が安く設定されていることが多く、これは残業がとても多いからだといわれています。看護師の初任給が良いのは、夜勤手当や残業手当によるものが、ほとんどです。基本給だけでみてみると、そんなに高い基本給とはいえません。また仕事内容で考えると、決して良いお給料とはいえないように思います。

ただ、看護師となりそのスキルをアップさせていくことで、キャリアがつき、仕事に見合ったお給料をもらえるようになっていくことができます。長年、看護師として働いてきて、今現在のお給料に満足をしていない場合には、転職をして年収アップをしていきましょう。その際には、好条件・厚待遇の職場の求人が沢山ある、転職支援サービスを利用されることをオススメします。

>> 年収アップの強い味方!「看護師転職エージェント」人気ランキングはコチラ


▲このページの上部へ
Copyright © 2011-2017 看護師給料アップ大作戦 All Rights Reserved.